辛い腰痛の症状を改善する為に名医によるヘルニア手術

ドクター

日常生活での工夫が大切

医療器具

脊柱管狭窄症の症状が軽〜中等度の場合は、自然に軽減してゆくケースもあるようですが、完全に症状が消退する事は困難のようです。積極的な治療とリハビリは勿論重要ですが、脊柱管狭窄症の症状に応じた生活スタイルが望ましいです。

もっと読む

いつもと違う腰痛

ナース

脊柱管狭窄症のリハビリは自宅で行えるものもあるため、無理をせずマイペースに取り組む事で痛みが和らぎます。脊柱管内の血管と神経を圧迫するため激しい痛みを伴いますが、日常生活を見直すだけで体の負担を軽減できます。

もっと読む

病気の発見も予防もできる

病院

人間ドックを受ければ、癌のような大きな病気も早期発見、早期治療することができます。横浜の病院では人間ドックを受ける場合は、検査項目や検査内容をしっかり調べてから受けるようにしましょう。

もっと読む

腰痛の治し方

先生

腰痛を治す方法には、整形外科などの医療機関を受診する方法や、整骨院や鍼灸院、整体院などを利用する方法があります。腰痛を治す方法の中では整形外科の人気が高く、大勢の人が整形外科で腰痛を治療しています。整形外科の人気が高い理由は、最先端の医療設備が完備された病院で、医師による治療が受けられるからです。リハビリ施設を完備している病院では、リハビリが受けられることも整形外科の人気の理由です。整形外科の病院では、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア等のあらゆる腰痛の治療を受けることができます。整形外科ではレントゲンやMRI装置を使用した腰痛の検査が受けられ、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症を早期治療することが可能です。

腰痛は筋肉疲労や血行不良によっても発症します。軽い症状の腰痛であれば、整骨院や鍼灸院などでも治る場合がありますが、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は、整形外科で治療を受けないと完治しません。整形外科では、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は名医による外科手術で治すことが可能です。整形外科では手術後のリハビリも受けられますので、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は完治します。椎間板ヘルニア手術方法は二通りに分けることができ、1つは椎間板を外してから骨を癒着させるものと、もう一つがヘルニアの髄核をとる方法です。それぞれ麻酔の種類、入院数、保険適用などの部分で違いがあるので、しっかり考えてからヘルニア手術を受けるようにしましょう。脊柱管狭窄症の治療法には、保存療法や薬物療法、手術療法などの方法があります。整形外科ではなるべく手術をせずに、脊柱管狭窄症を治療することに力を入れています。脊柱管狭窄症の保存療法では、自宅で体操やリハビリを行って、脊柱管狭窄症を治療することが可能です。整形外科の名医からは自宅での体操の方法についても指導を受けられ、自宅で腰痛の治療ができます。