いつもと違う腰痛|辛い腰痛の症状を改善する為に名医によるヘルニア手術

辛い腰痛の症状を改善する為に名医によるヘルニア手術

医師

いつもと違う腰痛

ナース

歩きだしてしばらくすると痛みが出たり、背中を丸くすると痛みが治まるのが特徴の脊柱管狭窄症は、中高年に多い腰痛です。脊柱管狭窄症は老化により脊柱管が狭くなる事で発症し、神経や血管を圧迫するために引き起こります。骨や椎間板の変性により引き起こるため、脊柱管狭窄症になると手術による治療もあります。脊柱管狭窄症のリハビリは仰向けで横になって、両膝を抱えながらゆっくりと動作します。両膝を胸にくっ付けますが、この時息をゆっくりと吐きながら動かします。これらの動きを数回繰り返す事で、リハビリが行えます。また日常生活の工夫も必要であり、自宅での過ごし方や出掛けた時も安静にしすぎない事が重要です。リハビリを行いつつも、筋力を付けるため椅子を使ったストレッチを行うだけでも対策になります。

脊柱管狭窄症は加齢によって椎間板が変化するため引き起こる痛みですが、痛みには特徴があります。椎間板の弾力性が衰えてしまい、薄く潰れるのが始まりであり、バランスを崩した骨や椎間板が脊柱管内部に飛び出します。これにより脊柱管を通っている血管や神経を圧迫するため、激しい痛みを伴う事になります。リハビリにより痛みはだいぶ軽減されますが、痛みが強い場合は服薬や手術という方法も選択肢にあります。また痛みを感じた場合は日常生活を見直す事も大切であり、サイズの合わない靴を避けるだけでも体の負担が軽減します。腰痛のケアは時間との勝負であり、時間をかければかけるほど体を労わる事ができるため、一人一人に合わせたケアを行います。